年賀状の印刷サービスを選ぶ上でのポイント

年賀以上の印刷サービスを利用する上でのポイントは5つあります。まずは、デザインの数をチェックする必要があります。オリジナリティのある年賀状を作りたい場合、使えるデザインの数が多いサービスを利用すると、他の人とデザインが被るということがなくなり、オリジナリティのある年賀状が作れます。目安としては、デザイン数が1000点以上あるサービスを利用すると無難です。

次に、印刷方法に注意しましょう。印刷方法は、写真を利用する方法と印刷する方法の主に二つあります。印刷する方法は、厳密に書くとプリントする紙によって画質が変化します。高級な紙にプリントすると、画質が上がります。

写真は、印画紙にプリントしたものを葉書に貼り付ける方法です。この方法が写真を利用する場合、もっとも画質が良くなります。画質が良いだけに価格は高くなります。オプションサービスもチェックしたいところです。

特に宛名をプリントするサービスがあるかどうかはチェックしましょう。このオプションサービスも有料のサービスと無料のサービスに分かれます。枚数が多い場合には、無料のサービスを利用するとコストが下げられます。納期も大切なチェックポイントです。

いくら他の要素が理想的でも、年賀状が届くのが遅ければ意味がありません。上記のプリント方法の、写真を利用する方法を選択すると、納期が長くなるので注意が必要です。年末ギリギリでも、代理で投函してくれるサービスを利用すれば間に合うので、納期もきちんと調べる必要があります。最後に価格と割引をよく調べましょう。

価格はトータルで計算する必要があります。はがき代とプリント料金だけでなく、宛名が有料なら宛名代や送料や消費税まで加算して、総合的に比較する必要があります。早割やクーポン割、同時注文割などの割引サービスがある場合には、上手に利用すると価格を下げられます。年賀状の印刷のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*